八、教師、弁護士、医師など独立専門職



教師、弁護士、医師などは独立業種として捉えることができます。所定の資格を取得して、学校や事務所、病院に所属はしているものの、教師、弁護士、会計士などは、基本的に自分自身の裁量で仕事を行なうことができるためです。しかも直接人々に知識、便宜や利益をもたらすことができるので大いにやりがいがあります。

一方では、難しい問題への対応は自らが判断して解決しなければなりません。そのために、専門的な知識のみならず、常に最新情報収集や管理能力のアップも図る必要があります。管理能力には、時間、効率化、問題解決、説得力、洞察力、コスト、情報、リソース(人材、エネルギー、資金等)などが含まれます。
人間関係も、自分へのサポートが得られるように、良好な関係を保つことが求められます。

こうした専門職には、能力の維持・向上のために、数年ごとの一定期間に所定の自己研鑽や評価が求められつつあります。
いずれにせよ高い専門能力を有し、人々に直接貢献するので社会から尊敬される職業といえます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック