経費節減でいいの?

日系からは”コストダウン”、”固定費削減”、”リストラ(人員整理)”、”乾いたタオルを絞れ” というような話が頻繁に聞かれる。
それはそれで必要なことであろうからOKとしよう。

しかし、どうもバランスが悪いし、話が暗い。
バランスというのは、経費削減に資源を投入し時間もかけていることである。
もう一方の売上アップへの努力や資源投資が少ないと思えるのだ。

売上アップは、開発や市場調査などへの投資が必要であるから、結果が出るまで時間がかかる。
近視眼的な目を持つ金融機関などは奨めないどころかむしろ反発するだろう。
したがって、自社で決断し、実行するしかない。

近視眼的な経費削減に注力している間に、他国の他企業は売上戦略を着々と進めているのではなかろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 経費節減でいいの? 日本復活のために  人材育成・業務の応援ブログ/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 18:38